INDEX

2017.1.5
居眠り運転防止アロマ

今日は【MR AROMA】の『ウェイクアップ』に入っている「ペパーミント」についてご説明しますね。

草丈30~70㎝の多年性草本。ミント類は繁殖力が強く交雑種も数多く存在します。ぺパーミントはスペアミントとウォーターミントとの交雑種になります。
ペパーミントは使う濃度によって作用が変わるのが特徴的です!

成分のメントンは血圧を上げる作用がありますが、ごく少量を使用した場合は逆に血圧を下げてしまいます。

メントールは中枢神経の刺激と鎮静の両方の作用をもつので覚醒もさせますが、なんと1滴のペパーミントでラベンダーやカモミールなど鎮静系の香りで眠れなかった人が眠れた!という症例もあります。
また、熱を持った部分を冷やす冷却作用、筋肉痛緩和などの加温作用の両方があります。

体感温度を2℃下げるといわれてるので、夏場は外回りの時に首筋にスプレーするとスースーして気持ちいいですよ。

興奮した神経を鎮め、頭をスッキリさせて気分をリフレッシュしてくれます。

環境が変化した時など、新しい環境や考え方を消化し、受け入れ、新たなアイデアや直感ひらめきを生むことを助けてくれるといわれています。
ですので、五月病にもお薦めの香りです。

過剰なストレスから解放され、急激に副交感神経が優勢になりすぎて起こる(血流がよくなりすぎて神経を圧迫して起こります)偏頭痛の時など、こめかみに『ウェイクアップ』を塗布してあげると、交感神経よりに戻るので
痛みが緩和される方が多いです。

気管支炎や、鼻づまりなどの呼吸器系を改善してくれます。
花粉症で鼻が詰まった時に『ウェイクアップ』を鼻の下に塗るとスーッと鼻が通り楽になりますよ。

消化不良や胃もたれ、二日酔いの吐き気など、消化器系の働きを整える働きがあります。
食欲抑制作用もあるのでダイエットにもつかえるんですよ!!

ペパーミントの香りを2時間おきに嗅いだ週が、嗅がずに普通に過ごした週よりも、1週間での摂取が3485㎏カロリー減った。
という実験データがあるんです。(アメリカのホイーリング・イエズス会大学の研究)

これはガムや飴の合成香料の「ペパーミント」を使用しても同じ結果はでなかったそうです。

皆さん「ペパーミント」の香りはガムや飴や歯みがき粉でお馴染みでしょうが、あれは石油系の合成香料による偽者の「ペパーミント」の香りです。

時差ぼけ(ジェットラグ)、乗り物酔い、禁煙のサポートにも効果的です!
乗り物酔いをしやすい人や偏頭痛持ちの人は、是非『ウェイクアップ』を持ち歩いてくださいね♪

同じ『ペパーミント』でもブランドによってかなり香りが違います。

【MR AROMA】の『ウェイクアップ』を作るとき、居眠り運転防止ができるように、こめかみや鼻の下に塗布することで、目が覚める「覚醒作用」がわかりやすいものにこだわりました。

成分分析表がついていてオーガニックでも、メーカーによったら「スーッ」とした爽快感はあっても、「目が覚める」感が感じられないものがありました。

こだわって選んだだけあって『ウェイクアップ』は◯◯鉄道の運転手さんやタクシードライバーさん、お仕事で長距離運転なさる方に「手放せないです!」といってご愛用していただいております。

主な薬理作用
神経強壮、頭脳明晰、体温調整、駆風(腸に溜まったガスの排出を促す)、鎮痛、抗菌、坑ウイルス、抗カタル(体内の過剰な粘液を溶解し、排出を促す)、抗真菌、抗感染、消炎、抗炎症、消化機能調整、鎮經、健脳、催胆、消化促進、去痰、解熱、肝臓強壮、発汗、局所麻酔、気管支炎緩和、抗ヒスタミン、抗アレルギー、鎮静、覚醒、筋肉弛緩、体温調整、肝臓強壮
肌への作用
収れん、抗炎症、冷却、皮膚軟化

麻酔作用と冷却作用があるので日焼け、虫刺され、帯状疱疹に、ラベンダー、ラヴィンツァラ、ティートリーなどとのブレンドもお薦め♪

その他歯肉炎の改善やなんと、ゴキブリ忌避!にも効果的です!!

本当に『ペパーミント』は多方面で幅広く「使える子」なんです。

是非使ってみてくださいね♪

ブランドによりますが10ミリリットルで1800~3000円くらいです。

【ペパーミントの使用上の注意点!】
敏感肌、高血圧、てんかんの方は使用しないでくださいね!妊娠中の奥様、6歳未満のお子さまがいらっしゃる方は気を付けて使用してください。

※アロマテラピーは医療ではありません。効果や効能は心身の不調改善を保証するものではありませんのでご了承下さい。