INDEX
パイナップルジュース

2018.1.10
天然の風邪薬ジュース

風邪が流行ってきましたね。

先月ひいた風邪は、アロマと爪もみで3日で完治させました。

風邪・インフルエンザ予防&対策アロマ

ハンドマッサージの驚くべき効果

昨年は「咳」の風邪がしつこくて長引きました。咳にお薦めのアロマもあります。

咳止めアロマ

アロマも風邪にはとってもお薦めですが、匂いが苦手な方やお仕事の関係でアロマを塗れない方もいらっしゃいますよね。

そんな方にぴったりの「ジュース」を見つけたのでご紹介しますね。

それは「パイナップルジュース」です。

薬より5倍の速さで風邪が治ったり咳が止まるという研究結果がでているそうです。

それはパイナップルに、とても優秀な栄養素がたくさん含まれているからなんです。

・ビタミンCが豊富

成人の1日のビタミンC摂取量の推奨は100㎎ですが、パイナップル一切れには75㎎のビタミンCが含まれています。

ジュースにすると更にたくさんのビタミンCを摂取することができます。

ビタミンCは、新陳代謝やエネルギー交換を調整する体内の酵素を活性化する働きもあります。

・マグネシウムが豊富

パイナップルジュースには、骨の形成を促すマグネシウムが大量に含まれています。

マグネシウムは、カルシウムの吸収と炭水化物や脂肪の代謝を促し、神経の機能を高めてくれる大切な栄養素になります。

・ブロメラインが豊富

パイナップルには、ブロメラインと呼ばれる抗炎症効果を持つ酵素が含まれています。

このブロメラインは「抗がん作用」があることでも注目されています。

ブロメラインは、癌の化学療法で使用されている抗がん剤「5-フルオロウラシル」よりも抗がん作用が高いという実験結果も出ているそうです。

このブロメラインが抗癌剤より優れている点は「選択的細胞毒性」という性質を持つところです。

「選択的細胞毒性」とは、健康な細胞には全く影響を与えずに、癌細胞だけを攻撃する性質のことです。

これは、自然界に存在する物質にしかない特殊な性質です。

どんな抗ガン剤や優秀な化学治療も、この性質を真似る事はできません。

実験でも、抗ガン剤「5-フルオロウラシル」は癌細胞意外の健康な細胞を攻撃し結果、癌患者の免疫力を下げたそうです。

アロマにも「選択的細胞毒性」のものがあります。

アロマで癌予防

ブロメラインは、伝染病を予防して細菌を消滅させたり、関節炎などにも効果があるので天然の抗炎症薬として海外ではよく知られているそうです。

ドイツでは、手術や怪我が原因で発生する炎症や鼻や静脈の腫れに効果があることが証明されており、サプリメントも販売されているそうです。

このブロメライン。実は、パイナップルの芯の部分にたくさん含まれています。

普段食べる時は、捨ててしまう場所ですが、是非、芯の部分も捨てずにジュースにしてくださいね。

結核の患者に、新鮮なパイナップルジュース+唐辛子、塩、はちみつを混ぜた飲み物を毎日与えた結果、肺の中に溜まっていた粘液がきれいに除去された。という研究結果もあるそうです。

咳の風邪対策にまた「癌予防」に。是非パイナップルジュース試してみてくださいね。

参照