INDEX
レモングラス

2017.8.17
副作用なし天然の痛み止めアロマ

「足のニオイと水虫対策アロマ」でご紹介したレモングラスは、他にも素晴らしい効果がたくさんあるので、ご紹介しますね。

レモングラスは2mほどまで成長するイネ科の多年草です。成長が早く、植えてから半年後には収穫できるようになります。

レモングラスの香りはその名の通りレモンに似ています。

ですので、香りの系統は「柑橘系」に分類されますが、レモングラスはイネ科の植物なので光毒性(皮膚につけてから日光に当たると炎症やシミになる)はありません。

レモンよりも香りが強く甘さも少し含んでいるのが特徴です。 

レモングラスには、主にインドで生産されるイーストインディアン・レモングラス(Cyumbopogon flexuosus)と西インド諸島で生産されているウエストインディアン・レモングラス(Cymbopogon citratus) の2種類があります。いずれも元々はインドが原産です。

精油は両者ともにシトラールが成分の大部分を占めます。

ウエストインディアン・レモングラスのほうがシトラールの含有量が多く、香り、質とも良いとされています。 

シトラールはゲラニアールとネラールが一緒になったもので、東南アジアでは香料として広く利用されているものです。

レモングラスは食用ハーブやハーブティーとしても世界中で人気です。タイ料理のトムヤンクンの酸味はレモングラスによるものです。

現在ではスリランカ、インドネシア、アフリカ、中国、アメリカ、ブラジルなどでも広く栽培されています。 

細かく刻んだレモングラスの葉から水蒸気蒸留で精油が抽出されます。抽出後に残ったレモングラスは家畜の餌として利用されるそうです。

レモングラスは、インドでは数千年前から薬草として使われてきた植物です。熱を下げたり、感染症や腫瘍の進行を防いだりに使われていました。

心への作用

刺激を与えてくれる香りが疲れた心に元気を与えてくれるといわれています。

尽きない悩みや極度の緊張があるとき。

常にその問題のことばかり考えてしまい、その他の事に無関心になってしまい、食欲がなくなったり。不眠になったり。軽度のうつ状態の時に。

視野を広げてくれ、冷静にその問題の解決策を産み出せるよう助けてくれる香り、といわれています。

疲れが溜まったり、新しい環境へのストレスから無気力になっているときに、やる気や集中力をアップしてくれる香りです。

【お薦めブレンド例】
+ローズマリーシネオール、ペパーミント、オウシュウアカマツ

気分転換してリフレッシュしたい時にもお薦めです。

朝のシャワーやデスクワーク勉強中にもお薦めです。

アドレナリンの分泌を促す、といわれています。

【お薦めブレンド例】

やる気・集中力アップ→レモン、レモングラス、ユーカリ、ローズマリー

体への作用

昭和大学医学部の青暢子博士と塩田清二博士の研究や2006年のイスラエルのベングリオン大学の研究チームによると

レモングラスに含まれるシトラールの成分に正常な細胞を殺さず、がん細胞のアポトーシス(プログラム細胞死)を誘導する効果があることが発見されたそうです。

健康な細胞にはまったく作用せず、がん細胞だけ特異的に殺すという特長を持っています。

今後さらに研究が進むことで、抗がん剤のように副作用のある薬ではなく、シトラールを原料とした、副作用のない抗がん剤が開発されるかもしれません。
               
消化器機能促進作用があるので、食欲不振、消化不良、ガスだまり、過敏性の症状を緩和するといわれています。お腹に希釈したものを塗布してマッサージして下さい。レモングラスのハーブティーもお薦めです。

鎮痛作用にも優れており、肩こり、腰痛、筋肉痛、リウマチなどに有効です。

痛みを止める鎮痛作用のある精油は沢山ありますが、一番痛み止めの効果が高いと臨床実験の結果で明らかになっているのがレモングラスだそうです。

痛みを抑える鎮痛剤にはアヘン様医薬品(モルヒネ)と非アヘンの2種類があります。

副作用のない物はありません。また、痛み止めは飲んでいると身体が慣れてしまい
だんだん効かなくなりどんどんと強い物に変えていかなければいけません。

レモングラスは末梢神経に作用するアヘンとよく似た直接的な効果があり、鎮痛効果は5日以上に及んでも耐性にはならないという結果がでています。

副作用なしの天然の痛み止めです。

レモングラスはユーカリレモンと合わせることで鎮痛、鎮静作用が相乗効果でアップするので、必ずセットで使用することがお薦めです。

【お薦めブレンド例】

肩こり、筋肉痛→
ウインターグリーン                5滴 
ユーカリレモン                    
レモングラス                       
サイプレス                        
ローズマリーカンファー       各2滴
ジェル                         20ml

リウマチ、神経痛→
ウインターグリーン                 6滴 
ユーカリレモン                    
レモングラス                      
バジル                            
パルマローザ                    各2滴
ジェル                           20ml

詳しくは→アロマを皮膚に塗布する方法

風邪や気管支炎といった呼吸器系にも有効です。希釈した物を胸に塗布するか、マグカップにお湯をいれ、1、2滴たらし目に入らないよう吸い込む方法がお薦めです。

レモングラスは発汗作用が高いので、冷え症によるむくみにも効果が期待できます。血管を拡張する事で血流を促し、むくみを緩和させます。

抗ヒスタミン作用が高い為アレルギーにも効果的です。

肌への作用

皮脂分泌を調整するので脂性肌に向いています。毛穴を引き締めてくれるので頭皮が脂っぽい人にも向いています。

レモングラス入りのシャンプーなどはオイリーな人にお薦めです。

虫さされにも鎮静作用や抗菌作用が高い為使用されています。

【お薦めブレンド例】
+ラベンダー、ティーツリー
カモミール・ジャーマン

水虫にも有効といわれています

【お薦めブレンド例】
+ティーツリー、パルマローザ、ミルラ

その他の作用

昆虫忌避作用が高いため虫除けなどにもよく使われています。

レモングラスでは虫除けできないという説もあるのですが、調べてみると実際には“蚊除け”の効果は実証されているようなのです。(精油ではなくレモングラスの葉を砕いて絞った汁)

手作り有機蚊よけ剤

タイではレモングラスを芳香として焚く事で防虫する方法が昔から行われているそうです。

蚊、ダニ、ノミ、ゴキブリに効果があることは研究で証明されているようです。

デオドラント効果が高い精油は色々ありますが、レモングラスは特に室内の嫌な匂いを消したい時に最も効果的な精油の1つです。タバコやペットなどの悪臭を有効に消臭してくれます。

特に、タバコの臭いを消したい場合は、ユーカリとブレンドしてディフューザーで芳香してみてください。

また、レモングラスはネコが嫌がる香りとしても有名です。

レモングラスを猫に近寄って欲しくないところに置いておくと効果があることが
実験で確かめられています。(但し、猫が舐めないように工夫してください。詳しくは→猫に対するエッシェンシャルオイルの危険性)

主な薬理作用

鎮静、鎮痛、強壮、抗アレルギー、血流促進、血管拡張、血圧降下、消化促進、駆風(腸に溜まったガスの排出を促す)、抗炎症、解熱、結石溶解、食欲増進、消化器系の不調改善、防虫、時差ボケの緩和、抗菌、抗真菌、抗ヒスタミン、免疫向上、抗炎症、利尿、発汗、収斂、皮脂バランス調整、抗感染、収れん、デオドラント、皮脂分泌抑制、昆虫忌避

ブランドによりますが
10ミリリットルで1700円~1800円

【レモングラスの使用上の注意】
高濃度で使用すると気分が悪くなったり、肌に刺激を感じる人がいるので低濃度で使用すること。(肌へは1%以下がお薦め)

眼圧をあげるので緑内障の人への過度の使用は避けてください。

ご家族に妊娠してる方がいる場合は使用を控えてください。

精油の熟成にともない、空気や光にさらされるとシトラールの含有量は徐々に減ってしまいます。新鮮なものを購入し 1年以内に使いきることをお薦めします。

アロマテラピーは医療ではありません。
効果や効能は心身の不調改善を保証するものではありませんのでご了承ください。

参照